TOP > * エアパッケージする

エアパッケージする

マイカップヌードル体験もあと一歩で終了となりました。後がつかえているということもありますし、ちょっと一息などと言わず、ここで一気に「エアパッケージにポンプで空気を入れる」作業を終えてしまいましょう。

シュリンク包装終了後、この赤いヒモを受け取るのを忘れないようにしてください。

エアパッケージの元となる透明の小袋の中に、シュリンク包装を終えて完成したマイカップヌードルを入れます。

何やら恐ろしげではありますが、別に凶器というわけではありません。このポンプを使って、パッケージに空気を送り込んでいきます。

吹き込み口にポンプの先端を挿入してシュコシュコとやると、徐々に空気が入ってパッケージがふくらんでいきます。壁面に注意書きもされているのですが、あまり調子に乗って空気を入れすぎると、当然パッケージが破裂するといった事態にもなりかねませんのでご注意を。マイカップヌードル作成においても、やはりバランス感覚ということが肝要なようです。

お疲れさまでした!これで見事、マイカップヌードルの完成です!!さあ、帰ってさっそく食べるぞー。